So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
会員連絡 ブログトップ
前の10件 | -

6月交流会スナップ [会員連絡]

北村健治
6月12日交流会、新人初参加、紹介・自己紹介に始まり、各報告4件。
企画など7件、前半は約1時間。
後半は参加者12名の4・5・6月の活動報告で、ほぼ2時間で終了。とりあえずスナップ1枚。
DSC02219[1].JPG
コメント(0) 

木曽路鳥居峠&水木沢天然林(その2) [会員連絡]

石橋定巳

5月28日 水木沢原生林探索

グラフィックス1.png
天然林管理棟
グラフィックス2.png
グラフィックス3.png
水沢天然林
グラフィックス4.png
根上がりのサワラ巨木
グラフィックス5.png
こぶつき巨大ヒノキ
グラフィックス6.png
樹齢500年サワラ
グラフィックス9.png
展望台に珍しい明治御料局三角点
グラフィックス10.png
展望台 木曽駒ヶ岳が薄っすら望める
グラフィックス11.png
床並の滝(とこなみのたき)
グラフィックス12.png
床並の平垂(ひらたる)
グラフィックス13.png
今だけ朴葉巻饅頭
グラフィックス14.png
初体験のご馳走大変ありがとうございました。












コメント(0) 

木曽路鳥居峠&水木沢天然林(その1) [会員連絡]

石橋定巳

写真をピックアップしていると
どんどん増えて結局写真集になってしまいました。

鳥居峠の歴史の旅、水木沢の自然を満喫、湯川さんには
案内していただいた上にご馳走までいただき大変恐縮です。

5月27日
グラフィックス1.png
中山道奈良井宿
グラフィックス2.png
地元湯川さんお勧めの「こころ音」で昼食
グラフィックス5.png
全員集合 杉並木の先
グラフィックス6.png
二百地蔵へ
グラフィックス7.png
コース案内板
グラフィックス8.png
峠入口の高札所
グラフィックス10.png
鳥居峠の一里塚跡
グラフィックス11.png
子産み伝説の栃の古木
グラフィックス13.png
木曽義仲が平家討伐戦勝祈願の願書を認めるのに使った硯の水
グラフィックス14.png
御嶽神社
グラフィックス15.png
藪原宿
グラフィックス16.png
藪原のマンホール
グラフィックス17.png
藪原への下り石畳


コメント(0) 

2018年度総会スナップ [会員連絡]

北村健治

2018年4月3日、新橋鳳龍クラブにて総会開催。
詳細は会員にメール、郵送などで報告。
スナップで当日の真剣な様子をご覧ください。

DSC01627編.JPG
DSC01628編.JPG



コメント(0) 

会津駒Tシャツ [会員連絡]

石橋定巳・清美

私どもにも檜枝岐村からTシャツが届きました。
定巳はLで白に黒字、清美はMで紺に白字です。

グラフィックス1.png
グラフィックス2.png
コメント(0) 

「会津駒ヶ岳環境保全協力金」のTシャツ [会員連絡]

谷 和代
檜枝岐村の「会津駒ヶ岳環境保全協力金」のTシャツが届きました。

IMG_2471-1.jpg

●檜枝岐村より~会津駒ヶ岳南京小桜基金に協力を!~
 会津駒ヶ岳は駒の小屋下から小屋~山頂~中門岳まで美しい湿原が広がり、数多くの高山植物が咲き誇ります。尾瀬同様、木道が敷かれており、デリケートな湿原を痛めないよう、登山者の皆様にはその木道の上を歩いていただいております。
 会津駒ヶ岳に登山された方はお分かりだと思いますが、その木道がたいへん傷んできており、危険な個所も所々出てきております。木道が腐っているためにその上を歩けず、仕方なく湿原に立ち入ってしまう登山者もいらっしゃいます。
 檜枝岐村では、その木道補修工事を行うことにいたしました。しかしながら、人口600人のこの小さい村では、その補修費用をまかなうことができず、皆様に応援寄付をお願い申し上げます。

○協力金の用途 :会津駒ヶ岳の稜線に広がる高層湿原の保全と利用者の利便を図る事業に使用する。具体的には木道敷設替、湿地裸地化回復、道標設置、休息所設置等。
○協力金募集 :下限1万円より(目標金額 30,000,000 円)
○協力金額 :1 口 1 万円から※振込手数料はご負担ください
○協力金募集期間:2017 年 10 月 1 日より 2022 年 9 月 30 日
○事業執行期間 :2018 年 4 月 1 日より 2022 年 10 月 31 日
○特 典 :協力者の方には、下記の得点をプレゼント
特典①会津駒ヶ岳オリジナルTシャツプレゼント
(1 万円以上;1 枚  3 万円以上;2 枚  5 万円以上;3 枚  7 万円以上;4 枚  10 万円以上;5 枚)
特典②協力者の名札の掲示
〇お一人様一口10000円の協力金を寄付する方法
まず、檜枝岐村企画観光課にお電話またはメールしていただき「会津駒ヶ岳木道補修のための寄付」をお伝えください。そののち、企画観光課より振込用紙が送られてまいりますので、お振込みをお願い申し上げます。

檜枝岐村企画観光課電話番号
0241-75-2503
檜枝岐村企画観光課メールアドレス
kankou@vill.hinoemata.lg.jp


コメント(0) 

クロカンは楽し! [会員連絡]

田中 相佐子

2月19~20日の2日間、伊達さん紹介の奥日光アストリアホテルを利用し、クロスカントリースキーを経験してきました。

同行は、伊達さん・谷さん・石橋さん・田中の女性4人です。

経験者の伊達さんを除く3人は、ほぼクロカン初心者。
初日は板を装着するだけでもキャーキャーと大騒ぎ状態です。

やっと装着して歩き始めてからも なかなかスムーズに歩くことが出来ず、転倒したり奇声を上げたりが続きました。

歩き始めて坂道に来てからが又一苦労でした。板をうまく立てて登れず、滑り落ちるありさまでした。少しずつ慣れ、やっとの思いで三本松まで着いたときは昼になっていました。

DSCN2439.JPG

ここで遅めの昼食を済ませ、戦場ヶ原を通り男体山に見守られながら光徳牧場の横を通ってホテルへ・・・・。
DSCN2446.JPG

途中で川淵に10数匹の猿が並んでいるのに出会いました。その中の1~2匹は川の中に手を入れて何かを盛んに食べている珍しい光景にも出会えました。

2日目は昨日よりも上手にスキー板を履くことが出来、9時頃ホテルを出発できました、昨日とは逆方向に歩き(滑り・転び)ながら三本松に11時頃に着き早めの昼食を済ませてホテルへ帰りました。

石橋さんは「早く帰りたい」と、早めのバスで帰られましたが、残った3人は光徳牧場までアイスクリームを食べに行ったり、温泉に浸かったりして15時すぎのバスで帰りました。

終わったとき、腕や足腰に痛みがありましたが、温泉場でのストレッチが効いたのか帰宅後、足の痛みは殆どありませんでした。しかし腕の痛みは残っています。

2日とも好天に恵まれ、初心者ながら十分に楽しむことが出来ました。機会があれば又チャレンジしたいと思っています。




コメント(0) 

『駒ヶ岳30座ハンドブック』の紹介 [会員連絡]

田口計介

『駒ヶ岳30座ハンドブック』が「岳書のたより」第19号(2018 March1)に紹介されました。
中岡さんに感謝。

img136.jpg
コメント(0) 

奥日光クロスカントリースキー [会員連絡]

谷 和代

企画委員会主催の奥日光スノーハイク。参加は伊達、石橋清美、田中、谷 の4名。
今年はクロスカントリースキーに、伊達さんを除く3人が初挑戦です。

IMG_2420.JPG
第一日目は、滑るより、転ぶでしたが天気も良く楽しい3時間でした。

IMG_2424.JPG
戦場ヶ原にて

IMG_2427.JPG
川の中でサルが何かを食べています。親子のサルの集団が10匹ほどいました。

IMG_2431.JPG
早朝の光徳沼にて

IMG_2438.JPG
男体山

IMG_2437.JPG
ちょっと分かりにくいのですが、この小さな足跡は何かしら?
コメント(0) 

雪雪雪・・・ [会員連絡]

木本桂春

 今年はよく降ります。連日の雪かきです。昨日は30cm。やれやれと思っていたら、昨夜、音もなく降り続けて今朝は60cmを越えています。2台の車を掘り出し、雪かき3時間。現役の勤めの方は朝6時前から起きて、除雪して子供を送りだし、勤務です。まあこんなものかと思っていますが。今年はしつこいですね。

グラフィックス1.png   

 上の写真は今朝の車の状況です。前の道は融雪装置がありここは突破できますが、24時間体制の除雪も追いつかず、方々で交通が混乱しています。
コメント(0) 
前の10件 | - 会員連絡 ブログトップ