So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

赤城山麓散歩~滝巡り第2弾 [日々散策]

石橋清美
今回も赤城山麓散歩です。
滝巡り第2弾として、不動大滝に行ってきました。
長い間川の上に掛ける橋梁工事のため行くことができませんでしたが、今年は散策道が整備されて、行くことができました。

2018 07 22_ここを渡る.jpg
渡渉
大滝不動の村の建物を通り抜け、途中2か所が川の中を歩いて行くように案内がありましたが、石を選んで何とか向う岸に渡れました。

2018 07 22_大滝不動入口.JPG
大滝不動入口
2018 07 22_大滝不動尊.jpg
大滝不動尊
2018 07 22_不動大滝.jpg
不動大滝
大滝の水はかなり多くて、天然のミストを浴びることができ、とても涼しい思いをしました。

2018 07 22_忠治の見張り岩.JPG
忠治の見張り岩

山はもう秋の花が咲いていました。
2018 07 22_ツリブネ.JPG
ツリブネ
2018 07 22_モミジガサ.JPG
モミジガサ


コメント(0) 

北又谷の岩魚釣り [日々散策]

木本桂春

黒部川・北又谷・青嵐と岩魚

「かち渡る瀞の清さ青嵐」。昭和9年、冠松次郎が初めて北又谷に入り、詠んだ句です。

7月某日、愛知の老釣師78歳のリクエストにより北又谷へ。
グラフィックス1.png     
北又ダムの奥に見える定倉山

グラフィックス2.png
北又谷の青嵐の中を下りながら釣ります。

グラフィックス1.png
魚影濃くまずまずの釣果です。

グラフィックス2.png
釣師一人に川虫(カワゲラ類)採り3人。ここがポイントです。

グラフィックス3.png
清流ですが腰までの水にとても渡れません。

グラフィックス4.png
かつて黒部奥山廻役が上駒ヶ岳(白馬岳)に上ったルート上の猫又山が見えています。

グラフィックス5.png
4時間で7寸から1尺2寸を吊り上げ、78歳の釣師は「これが最後」とご満悦ですが、来年もと意欲満々でした。








コメント(2) 

赤城山麓・乙女の滝まで [日々散策]

石橋清美

7月15日、赤城山麓の大猿山の家から、乙女の滝まで行ってきました。
2018 07 15_乙女の滝.jpg
乙女の滝まで、大猿の家から約1時間足らずで着きます。木々を通る涼風が気持ちよく、ゆっくりと歩いて回りました。

林道を行くと大きな石が道をふさいでいます。大雨の後遺症でしょうか。でも森林浴でリフレッシュできました。

2018 07 15_滑り台の様.jpg
当初大猿の滝に行く予定でしたが、乙女の滝の先は、豪雨の影響か増水していて、床が滑めている場所があり、渡るのもかなりな注意を要しましたので、危険を感じ途中から引き返しました。

2018 07 15_ビロードモウズイカ.jpg
途中で外来種の花(ビロードモウズイカ)が咲いていました。
ここで見るのは初めてです。萩も咲き始めています。

赤城山はその昔の噴火によって大きな石が方々に散らばり苔むして、美しい姿を見せてくれています。

2018 07 15_ねじれた木.jpg
ねじれた木


コメント(0) 

第60回長衛祭に駒ヶ岳ファンクラブから7名が参加 [登山報告]

北村健治

6月30日(土)
戸台口(発着所)8時のバスは2、3台の臨時便が出て早めに北沢峠へ向った。9時過ぎには北沢峠に着き、「北沢峠こもれび山荘」にチェックインして荷物を置き、軽装で長衛小屋前の会場へ移動。受付を済ませるとKFCの皆さんは田口会長はじめテーブルに陣取っておられた。
DSC02376編.JPG
テーブルに陣取ったKFCのメンバー

碑前祭・献花・合唱・交流会と例年以上の参加者で賑わっていた。KFC会員の記念写真撮影を済ませ、日帰りの田口会長を残して、溝口さんのガイドでKFC仙水峠トレッキングを実施。
DSC02380編.JPG
伊那市長と記念写真撮影
DSC02387編.JPG
仙水峠で記念撮影

無事に15時過ぎには、北沢峠に帰着。川久保、溝口さんを戸台口行バスに見送り、夕刻をのんびりして、山荘の夕食に集った。

7月1日(日)
4時起床。5時半北沢峠に集合。KFC4名が仙丈ヶ岳記念登山参加。五合目から前日開通した藪沢コ―スから馬の背ヒュッテ・千丈小屋経由で晴天の頂上に10時25分登頂。30分の昼食休みをとって、小千丈コースで下山を始めた。14時10分には北沢峠に戻りつき、16時前には戸台口に下車し、解散した。

DSC02360編.JPG
北沢峠の沢沿い一帯に聳えるドロノキ(珍種)
DSC02369編.JPG
北沢峠付近で、ゴゼンタチバナ、向うにギンリョウソウが頭を見せている
DSC02372編.JPG
北沢峠付近で、群生するイチヨウラン
DSC02362編.JPG
北沢峠付近で、キバナノコマノツメ
DSC02383編.JPG
北沢峠付近で、群生するコンロンソウ
DSC02385編.JPG
仙水峠への途中で、アカバナヒメイワカガミ
DSC02386編.JPG
仙水峠への途中で、コメツツジ
DSC02391編.JPG
仙水峠への途中で、シラバナノヘビイチゴ
DSC02393編.JPG
仙水峠への途中で、クルマユリ
DSC02394編.JPG
仙水峠への途中で、ベニバナイチヤクソウ
DSC02395編.JPG
長衛小屋付近で、ツバメオモト
DSC02397編.JPG
長衛小屋付近で、キソチドリ?

コメント(1) 

甲斐駒の麓より 2018-7-10 [山麓便り]

平井英明

お久しぶりです。平井@山梨です。
山梨に定着し一か月が経ちました。

毎日、草刈りや農作業にと身体を動かしクタクタな状態ですが、何かと落ち着かず、空に浮いているような感覚の毎日です。
良く解りませんが40年以上続いてきた仕事から解放されたからなのでしょうか。
先輩諸氏の皆さんが退職された時の感覚はどんなものだったのでしょうか。機会があれば伺いたいと思っています。

そんな訳で甲斐駒定点報告も久々になりました。
早々の梅雨明け宣言に猛暑の日々、7月に入ったと思ったら豪雨で各地に被害が発生しています。
温暖化の影響か「四季のうつろい」の風情が日本列島からなくなろうとしているように思います。

甲斐駒定点1.jpg
甲斐駒定点2.jpg
古いですが7月2日の甲斐駒です。

畑では夏野菜が実を付け出しました。
ピーマン.jpg
ピーマン
花豆の花.jpg
花豆の花
山椒の実.jpg
山椒の実

コスモス.jpg
秋を感じるコスモスも咲いています。




コメント(0) 

駒ヶ根だより 2018-7-3 [山麓便り]

北村健治

6月23日(土)から、7月2日(月)まで、駒ヶ根に滞在した。

6月23日
DSC02310.JPG
駒ヶ根山家より、曇天の中ア宝剣岳を望む。残雪ほとんどなし。

6月24日
DSC02319.JPG
第95回「戸台の化石」保存会学習会(三峰川石ころウォッチング)

DSC02332.JPG
中沢峠から、長谷への途中で観察した、マルバウツギ

6月30日 
バスで北沢峠に向う、第60回長衛祭に参加。
駒ヶ岳ファンクラブは、第55回、第56回以来の会員7名が参加。

DSC02379.JPG
長衛さんレリーフ前での記念撮影(白鳥伊那市長と)

7月1日
好天に恵まれ、記念登山には、会員4名で無事に仙丈ヶ岳3033mに登頂した。

7月2日  
DSC02420.JPG
駒ヶ根山家付近より、梅雨明け?の中ア宝剣岳を望む。

DSC02422.JPG
同じく、南アルプス北部を望む。





コメント(0) 

糸魚川駒ヶ岳・猛暑に耐えて [登山報告]

木本桂春

7月3日、日本中サッカーで朝の3時にはTVが騒いでいますが、駒ヶ岳を優先して車を走らせます。暑さを避けるため日の出前に取付点に4時半前着。

グラフィックス1.png
明六つ、夜明け前の頂上方面
歩いて10分、なんだか体が熱く、足が進みません。

グラフィックス2.png       
駒清水の水場
水をたっぷりと思ったのですが、不味く喉を潤す程度で上部の水場でとることにします。太陽が昇ると暑くなり、併せて台風接近の影響か蒸し暑く汗が吹き出します。
木々の間の急道を頑張り、上部大岩壁のバンド・ルートの入り口・島滝沢に水を求めますが、溜水で飲めません。

グラフィックス3.png
バンドへの道は夏草が覆い被さります。

グラフィックス4.png
南西壁の下は風もなく、遠方に山が見えだします。

グラフィックス5.png
手前のガレてる明星山、その後ろが右から白鳥山、下駒ヶ岳、黄連山。

グラフィックス6.png
南方に白馬岳、白馬旭岳、右端が雪倉岳。

グラフィックス7.png
花もちらほら、シモツケソウ
他にもオニアザミ、レンゲツツジ、などが咲いています。
すくみのテラスからは鬱蒼たる森の中を行きます。

グラフィックス8.png
足元にギンリョウソウ。夏ゼミの鳴き声がうるさく、頭上の樹間からカッと太陽が照りつけます。朝からやぶ蚊や有象無象の虫がまとわりついて離れません。耐えるのみ、汗を滴らせ頂上です。

グラフィックス9.png
頂上から雨飾山に挨拶。

しばらく休んで、濃い緑の木々の中を又、汗みどろで下ります。途中から足が棒になり転倒2回。その都度自分に気合を入れて。よれよれ下山。
山のもののけに飲まれそうな状態です。そうはたやすく駒の散歩をさせてくれません。
コメント(0) 

三国山 [登山報告]

谷 和代

IMG_3497.JPG
7月1日、梅雨明け宣言を受け、三国山に行ってきました。

IMG_3498.JPG
山頂付近はガスがかかり深山のようでした。

IMG_3502.JPG
バイケイソウの可憐な花 咲いているのより、立ち枯れて倒れている方が多かったのはどうしたのでしょうか?

IMG_3507.JPG
美しい蜘蛛の巣、分かりますか。

IMG_3512.JPG
大洞山山頂

IMG_3521.JPG
木に着いた可愛いコケ

楽しみにしていた「サンショウバラ」は終わっていて、「ノイバラ」が咲いていました。

IMG_3534.JPG
立山(タチヤマ)からの富士山は山頂だけが見えました。
コメント(0) 

群馬県水上町の駒形山(高畠山中腹の岩) [登山報告]

髙田健三

群馬県水上町(旧新治村)の赤谷湖近傍の道の駅たくみの里の観光案内図に「駒形山」が記載されていた。
①たくみの里.JPG
写真①右側の案内板に駒形山とある。

②案内版拡大.JPG
写真②案内板を拡大した。

③高畠山と駒形山(岩).JPG
写真③道の駅近傍からの駒形山(岩)。
高畠山(1,143m)の山腹にある岩を駒形山と呼んでいる。

④中野の森PRO.JPG
写真④高畠山の南西標高850mぐらいまで林道があって終点に「中野の森プロジェクト」と言う植林のエリアがあって、そこに駐車した。

⑤中野の森と高畠山.JPG
写真⑤駐車場から高畠山方面(山頂は中央の丘に隠れている)を見る。
こんもりした樹林帯を左から右へ向かってヤブコギをして山頂に達する。

⑥高畠山山頂.JPG
写真⑥高畠山山頂。山名板は無い、展望も全くない。

⑦高畠山三角点.JPG
写真⑦山頂三角点。

登山実施日:平成30年6月29日(金)。この日関東地方は梅雨明けした。

駒形山に関して、追記。
雑誌『山と渓谷』74号[昭和17(1942)年7月号]に木暮理太郎が「吾妻の山川」を掲載している。
その中に《駒形山 所在・須川町字駒形。形状・駒形山は形容三角形にして、岩面に駒形著しきを以て名づく。岩下に馬頭観音を安置す。高二十丈周囲七百間、登路八町。以下略》とあった。
2.5万分の1地形図『猿ヶ京』から、高畠山から東へ延びている尾根の末端に岩記号があって、そこが駒形山(岩)である。その岩記号の麓に鳥居マーク(神社)があて、地元では観音堂と言っていた。
その観音堂に平成29年5月に訪れた。
標高約790mにある観音堂には「駒形山」と書かれたお賽銭箱があった。奉納額には「北毛駒形山馬頭観世音堂改修記念」の俳句が奉納されていた。
この辺の住所は旧名で「新治村大字須川字駒形」となっていた。


コメント(2) 

6月交流会スナップ [会員連絡]

北村健治
6月12日交流会、新人初参加、紹介・自己紹介に始まり、各報告4件。
企画など7件、前半は約1時間。
後半は参加者12名の4・5・6月の活動報告で、ほぼ2時間で終了。とりあえずスナップ1枚。
DSC02219[1].JPG
コメント(0) 
前の10件 | -