So-net無料ブログ作成

鷲走山と白山 [登山記録]

木本桂春

9月19日
鷲走山(わっそうやま)

 丑三つ時、窓を開ければ満天の星。行くしかないので今月の酉の山は、おとなり石川県の手取ダム近辺の鷲走山を目指す。この山は春先に頂上付近に鷲の形をした雪形があらわれそれを山名とするとか。北陸高速を金沢西ICから手取ダム下の東二口集落へ、過疎の進んだ集落まだ眠っていた。集落を通り抜け、車止めゲートの鎖を外し、林道を走る、左手にロックウェル式ダムが見えだした。

1手取ダム.png        
ロックウェルの手取ダム

 台風の雨の影響かダムの水は濁っていた。林道はT字路になる、この正面が鷲走山の取付だ。右に登れば白抜山へ、あっさりと頂上に立つ。白山と加賀平野と海が見えた。白山から陽が登り、日本海に沈む、何か意味がありそうだ。そこから鷲走山へ向かう。道はきれいに手入れされ文句なし。台風の影響か草が倒れ、道を水が流れた跡がある。少し荒れたのだろう。右手に沢の水音を聞きながら登る。ナナカマドが紅く、アケビの実は青い、まだ秋の入り口だ。

2ナナカマド.png         
紅葉にはチョット早いかナナカマド

 沢が細くなりその源頭を横切ると尾根上に出る。ゆるやかな尾根を登り、大きな杉の林を過ぎると頂上だ。石の方位盤、三角点、何よりも巨大な反射板は邪魔だ。東に白山が見下していた。
          
3白山に見下され.png
頂上から白山に見下され

 鴇ヶ谷コースを下る。かつては鴇(トキ)がいて、鷲もいた野鳥の楽園だったのだろう。もしかして手で簡単に捕れるほど生息していたのかもしれない(加賀藩の古文書に鴇の捕獲がある)。色々考えながら林道に出る。さらに下ると出作り小屋が右手に出てきて、林道は東二口に向かう。芒が銀色に光り波打つ。虫の音、爽やかな風、誰もいない林道を秋の陽を浴びて歩いた。幸せだねとしみじみと感じた。
           
4ススキ.png
芒の林道を行く

        ◆
9月30日
白山を駒の山行に決める

 今月の馬の山を決めかねていた。かねがね思っていたのだが、白山には馬に関する地名が多い。山麓は福井、石川、岐阜の3県にまたがり、ここから白山への禅譲道が開かれそれぞれ越前馬場、加賀馬場、美濃馬場と呼ばれていた。
 又、白山山頂をはさんだ南北には南竜ガ馬場、北竜ガ馬場、観光新道には馬のたてがみの地名があり、馬にちなむ地名が絡みつく。
 白山の開山は養老元年(717年)越前の僧・泰澄開山。今年は開山1300年に当たる。それから後の約1000年後、修験僧・仏師・歌人で名のある円空は美濃側の現在の郡上八幡の法伝の滝で白山神の託告を受けたと言われる。円空は駒、馬の歌も残している。
  駒が嶽 のりくら山の 神なるか けさの御山 夕立そする
  しなのなる 駒ノ嶽ノ 雪消て 袖打払 築ヵとそミる
  白ら山や 神ノ形 小児なれや 白馬乗て 弓矢持つつ
 駒ヶ岳、駒ノ嶽、白ら山などいずれも山を巨大な馬と見る古来の日本人の想像によるものだ。円空も谷に残る雪を鞭にして弓矢持って馬にまたがり天空を飛び歩く、おのれを想像している。円空が白山に登ったのかは定かではないが、修験の体験者は白山神の懐に入ったのかもしれない。
 9月最後の白山を駒の山行に決めた。29日夕刻、岐阜県白川村平瀬の大白川ダムキャンプ場に泊まる。
 丑三つ時を過ぎたので行動開始。気温7度。今日もヘッドランプを灯して発つ。
 夜明け、6時ごろ槍から乗鞍岳方面が見えだす。
          
5槍.png
左端、槍ヶ岳、正面が乗鞍岳

 樹林帯を抜けると大倉山、少しくだると白山が前方に見える。
          
6御前峰と剣ガ峰.png
紅葉の上に立つ白山の御前峰と剣ガ峰
          
7犀の河原から南竜ガ馬場方面、右 別山、左 南白山.png
犀の河原から南竜ガ馬場方面、右 別山、左 南白山

 2000m付近の池塘の水には薄氷が張っている、冬はすぐそこだ。室堂に着くとそこには大勢の老若の登山者の群れがあった。
         
8頂上の奥宮.png
頂上の奥宮

 十数年ぶりの頂上・奥宮。いろいろなことに感謝とお願いをする。何よりも今日安全に導きいただいたことに感謝。
 土曜で天気が良く、頂上も登山者がいっぱい。低山をウィークデーに徘徊している老残は今年初めての多勢との出会い、早々に退散。平瀬方面は静かなもの、のんびりとした下山です。

9御岳.png     
霞んでいるのが御岳、右手に噴煙が見えた
 
10紅葉の谷.png    
上から見た大倉山左の谷の紅葉

 馬と駒と円空を考えながら、紅葉の白山を早朝から夕方まで頑張った山行でした。
コメント(2) 

「2017雲取山記念スタンプラリー」 [登山記録]

谷 和代

9月30日から10月1日、三条の湯に泊まり、雲取山に登りました。

IMG_1676三条の湯.JPG
三条の湯
三条の湯は2回目ですが、つるつるした温泉で湯もよし。

IMG_1680マツタケの炒め物.JPG
「マスタケ」の炒め物
夕食には小屋の主人から「マスタケ」の炒め物の差し入れがありました。 

IMG_1690三条ダルミからの富士山.JPG
三条ダルミからの富士山

IMG_1694雲取山.JPG
雲取山頂

IMG_1695記念碑と富士山.JPG
2017年記念碑

IMG_1706七つ石.JPG
七ツ石山頂

2017年、2017mということで「2017雲取山記念スタンプラリー」をやっていて、
私もスタンプ4個ゲットで「レジャークッション」をもらいました。


コメント(1) 

空木岳~南駒ヶ岳スケッチ [登山記録]

原田勝之

北村さんの報告に加えます。

P9220151.JPG
空木岳 

P9220165.JPG
ナナカマド 

P9220175.JPG
空木岳で記念撮影

P9230197.JPG
南駒ヶ岳山頂

P9230203.JPG
南駒ヶ岳を望む 

P9230204.JPG
御嶽山を望む

P9230221.JPG
駒岩
コメント(0) 

ウマ・うま・馬 百態 その7 アテネ国立博物館のカタログ [駒・馬の話]

田口計介

紀元前 古代ギリシャの馬

img110.jpg

img111.jpg

img112.jpg

img113.jpg

img114.jpg

img115.jpg

img116.jpg

img117.jpg

img118.jpg

img119.jpg

img120.jpg

img121.jpg

コメント(0) 

越後駒スケッチ [登山記録]

原田勝之

9月16日
P9160073.JPG
ジャコウソウ
 
P9160069.JPG
コブシの実

P9160084.JPG
ツクバネソウ
 
P9160074.JPG
道行山から見る小倉山と越後駒

P9160097.JPG
枝折峠に通じる尾根

P9160102.JPG
百草池 

P9160104.JPG
越後駒ヶ岳とメンバー 

P9160106.JPG
雪渓 

P9160109.JPG
駒の小屋 

P9160114.JPG
八海山

P9160116.JPG
雪田、駒の小屋、奥只見湖 

P9160119.JPG
記念撮影

P9160126.JPG
草もみじ 

9月17日
P9170133.JPG
出発 

P9170134.JPG
下山すぐの岩場

コメント(0) 

駒ヶ根だより 2017-09-29 [山麓便り]

北村健治
DSC00398編.JPG
南アルプス眺望
伊那IC付近から、東に南アルプスを望むと、入笠山付近から仙丈ヶ岳までが一望できます。前山の伊那山地と鹿嶺尾根・釜無尾根(甲斐駒連峰に続く)が重なっています。
中央やや左に台形に見えるのが釜無山から、右へ白岩岳、鋸の歯のような鋸岳、東駒(甲斐駒)、仙丈ヶ岳まで見えます。その右は雲の中ですが間ノ岳・塩見岳となります。

DSC00406編.JPG
中ア眺望
中ア宝剣岳から南へ連なる空木・南駒連峰。見事な紅葉が始まっていて、10月に入ると一層色付いていきます。

DSC00419編.JPG
朝の南ア眺望
駒ヶ根山家付近より、東側の朝靄に見え隠れする南アルプス、中央手前に伊那山地の戸倉山、左側に鋸岳、右側に仙丈ケ岳、東駒は戸倉に重なっています。
この辺りでも、稲刈りが最盛期となり、秋たけなわですね。山の栗や鬼クルミも落ち始め、朝の散歩も楽しいひと時となります。

DSC00414編.JPG
ヒガンバナ
駒ヶ根では丁度、彼岸に咲いていますが、青梅では一週間早く咲いていました。

DSC00428編.JPG
四季咲きヤマツツジ
駒ヶ根山家にいつからか咲くようになった珍種です。

DSC00391編.JPG
ムラサキフジウツギ
近年三峰川にも大繁殖をしている、ムラサキフジウツギ?。在来のフジウツギはサポニンを含む毒性植物。その外来種。

DSC00396編.JPG
サボンソウ
牧野図鑑(1940)によると、明治初年に薬用植物として渡来した外来植物。欧州原産。サポニンを含むことにより、サボンソウと名付けられた。シシャボン(洗剤)として使える。

コメント(0) 

空木岳~南駒ヶ岳 [登山記録]

北村健治

22日05:30駒ヶ根「こぶしの湯」駐車場に集合、06:15池山林道第一登山口に移動、06:25には歩き始め、池山水場~ませなぎ尾根~大地獄・小地獄~駒石コース分岐点(昼食・小生の足に昨年同様に膠着があり、1時間ほど迷惑をかけた)~空木小屋~14時20分「駒峰ヒュッテ」に到着(宿泊・同宿者2名)。

夕日の中で素晴らしい展望を楽しむも、下界の伊那谷や南アルプスの遠望はもう一つであった。昨年も10月に空木岳のみで日帰りをしたが、紅葉と遠望が絶好であった。

23日04:30始動、05:35軽装で出発、05:55空木岳登頂、縦走路を南へ辿り、07:45南駒ヶ岳に登頂、展望はもう一つでした。

DSC00267編.JPG
登山道に実を付けるシラタマノキ。

DSC00289編.JPG
空木岳から南駒への縦走路の日溜まりで、まだ咲いていたトウヤクリンドウ。

DSC00287編.JPG
23日6時ころ空木岳頂上にて、原田氏と。

小生は南駒ヶ岳3回目、空木岳は昨年に続き5回目の登頂となった。10:00過ぎには駒峰ヒュッテに戻り、10:40下山路に入った。

DSC00294編.JPG
23日7時50分ころ南駒ヶ岳にて、原田氏と。

DSC00317編.JPG
空木岳から南駒への縦走路で、群生しているチシマギキョウ。

小生の体調も治り、駒石コース経由で、分岐点を11:45、第二駐車場に15:50無事下山。先に下山した仲間の手配で即車で帰路に付き、16:15には「こぶしの湯」駐車場に戻り、解散した。

DSC00334編.JPG
23日11時ころ、駒石にて。

DSC00342編.JPG
23日下山路にて、ヤマハハコ。


コメント(0) 

駒ヶ根だより 2017-09-28 [山麓便り]

北村健治

9月は21日から26日まで滞在。
9月21日は、06:50青梅を出立、09:00ころには国道152号杖突峠に停車、今年5回目の守屋山往復をした。
DSC00227編.JPG
守屋山東峰からの少し霞んでいるが、南アルプス遠望。

DSC00231編.JPG
翌日登る予定の中ア・空木岳を望む(真ん中の一番高く見える頂が空木岳)。

天気も曇天ながら、そこそこの展望と秋の草花を楽しんだ。

DSC00237編.JPG
東峰の叢に咲くヤマラッキョウ

DSC00252編.JPG
シラヤマギク
(白花が散房状に付き、沢沿いなどでは2mにも成長する)

DSC00242編.JPG
アキノキリンソウ

東峰には、10:15には登頂、先客が2名いたが、西峰へ向う数名の声も聞こえ、西峰から来て東峰を通過して下山していく者もあり。
10:40に帰路につき、約50分で下山した。途中、6名のグループを含め10数名のすれ違いもあり、平日でもなかなかの賑わいであった。

9月22日~23日は、ジオパークがらみでの有志登山で、今年は5年目になったが、6名で中央アルプスの空木岳2863.7mと南駒ヶ岳2841mへ登った。
これは次の投稿で報告する。

9月24日、10:00~11:30に、伊那市長谷・南ア林道の鷹岩トンネル工事の見学会があり、ジオパークガイド会会員10数名と参加。午後は、駒ヶ根の山家で野良(草刈り、クルミ・クリ拾い)。

DSC00384編.JPG
伊那市長谷南ア林道・鷹岩トンネル工事見学会

9月25日は、午前中は、駒ヶ根の山家で野良(草刈り、根菜類の手入れなど)。
午後は伊那市長谷公民館に出向き、夕刻から伊那市創造館で会議に出席。

9月26日は、午前中は、駒ヶ根の山家で野良(草刈り、クリ拾い、根菜類の手入れ、秋の植え付け準備など)。午後は伊那市長谷公民館に出向き、「戸台の化石」資料室で片付け作業などを済ませ、夕刻には、青梅への帰路に着いた。

DSC00404編.JPG
駒ヶ根の山家で、そこここに咲き乱れているユウガギク。

DSC00405編.JPG
朝の中ア宝剣岳を望む。手前右は、四季咲のヤマツツジ、左は赤い実を付けたウメモドキ。

DSC00410編.JPG
駒ヶ根の山家付近から、空木岳を望む(中央の奥)。

コメント(0) 

甲斐駒の麓より 2017-09-25 [山麓便り]

平井英明

久しぶりの報告になりました。
9月の週末は何かと愚図ついた天候で、甲斐駒を久しぶりに確認しました。
山ろく周辺では稲刈りのコンバインが稼働している風景を多く見るようになりました。

秋の甲斐駒.jpg
黄金色の実りと甲斐駒ヶ岳

甲斐駒.jpg
キバナコスモス

我が家もいよいよ収穫の日々。稲刈りをはじめ、落花生や大豆、花豆の豆類。
サツマイモ、サトイモなどのイモ類等々忙しい週末になります。
nice!(0)  コメント(0) 

奥大日岳、大日小屋、大日岳、大日平から称名の滝まで [登山記録]

谷 和代

 9月22日から24日まで、室堂、奥大日岳、大日小屋、大日岳、大日平を過ぎ称名の滝を歩きました。
 23日に泊まった大日小屋はランプとギターで人気の小屋です。この日は「今年最多宿泊者数」とのことで狭い小屋は満員。
 私たちは14時30分に小屋に入りましたが、薄暗くなっても次々と人が来て夕食も入れ替えでした。19時からギター演奏があり、終わった食堂にまで布団がひかれました。
 小屋からは以前、登った早月尾根と劔岳が真ん中に、右に奥大日岳、左に赤谷山その左に毛勝山が、劔の左遠くに白馬岳が見え、夜は早月の小屋の上に明々と白馬小屋の明かりが見えました。

       
1みくりが池IMG_1578.JPG
皆さんお馴染みのみくりが池

3ミネカエデの紅葉IMG_1587.JPG
ミネカエデの紅葉

3ライチョウIMG_1586.JPG
乗越付近の雷鳥
ライチョウが見られると天気が下り坂と言われるので歓迎はできないが愛らしい。

4奥大日岳山頂IMG_1601.JPG
奥大日岳山頂 
乗越からの途中で雨に降られましたが、山頂に着くと雨も上がりました。

5大日岳IMG_1623.JPG
大日岳山頂
小屋に荷物を置いて大日岳往復。奥大日岳と劔岳が見えましたが、雲にさえぎられて、時々姿を見せるだけでした。

6大日小屋からの夕景IMG_1634.JPG
劔岳(左)と奥大日岳(右)

7大日平のアカホヤ火山灰IMG_1664.JPG
大日平のアカホヤ火山灰
チョット分かりにくいのですが、中央のオレンジの線より下は7300年前の鬼界カルデラの大噴火の火山灰。線より上は新しい火山灰です。 

大日IMG_1655.JPG
遠く白山が見えた
 大日小屋からの下りからは、大きな薬師岳、弥陀ヶ原、埋蔵金伝説の鍬崎山、そして遠く白山が見えました。

8称名の滝IMG_1670.JPG
称名の滝

nice!(0)  コメント(0)