So-net無料ブログ作成
山麓便り ブログトップ
前の10件 | -

駒ヶ根だより 2017-09-29 [山麓便り]

北村健治
DSC00398編.JPG
南アルプス眺望
伊那IC付近から、東に南アルプスを望むと、入笠山付近から仙丈ヶ岳までが一望できます。前山の伊那山地と鹿嶺尾根・釜無尾根(甲斐駒連峰に続く)が重なっています。
中央やや左に台形に見えるのが釜無山から、右へ白岩岳、鋸の歯のような鋸岳、東駒(甲斐駒)、仙丈ヶ岳まで見えます。その右は雲の中ですが間ノ岳・塩見岳となります。

DSC00406編.JPG
中ア眺望
中ア宝剣岳から南へ連なる空木・南駒連峰。見事な紅葉が始まっていて、10月に入ると一層色付いていきます。

DSC00419編.JPG
朝の南ア眺望
駒ヶ根山家付近より、東側の朝靄に見え隠れする南アルプス、中央手前に伊那山地の戸倉山、左側に鋸岳、右側に仙丈ケ岳、東駒は戸倉に重なっています。
この辺りでも、稲刈りが最盛期となり、秋たけなわですね。山の栗や鬼クルミも落ち始め、朝の散歩も楽しいひと時となります。

DSC00414編.JPG
ヒガンバナ
駒ヶ根では丁度、彼岸に咲いていますが、青梅では一週間早く咲いていました。

DSC00428編.JPG
四季咲きヤマツツジ
駒ヶ根山家にいつからか咲くようになった珍種です。

DSC00391編.JPG
ムラサキフジウツギ
近年三峰川にも大繁殖をしている、ムラサキフジウツギ?。在来のフジウツギはサポニンを含む毒性植物。その外来種。

DSC00396編.JPG
サボンソウ
牧野図鑑(1940)によると、明治初年に薬用植物として渡来した外来植物。欧州原産。サポニンを含むことにより、サボンソウと名付けられた。シシャボン(洗剤)として使える。

コメント(0) 

駒ヶ根だより 2017-09-28 [山麓便り]

北村健治

9月は21日から26日まで滞在。
9月21日は、06:50青梅を出立、09:00ころには国道152号杖突峠に停車、今年5回目の守屋山往復をした。
DSC00227編.JPG
守屋山東峰からの少し霞んでいるが、南アルプス遠望。

DSC00231編.JPG
翌日登る予定の中ア・空木岳を望む(真ん中の一番高く見える頂が空木岳)。

天気も曇天ながら、そこそこの展望と秋の草花を楽しんだ。

DSC00237編.JPG
東峰の叢に咲くヤマラッキョウ

DSC00252編.JPG
シラヤマギク
(白花が散房状に付き、沢沿いなどでは2mにも成長する)

DSC00242編.JPG
アキノキリンソウ

東峰には、10:15には登頂、先客が2名いたが、西峰へ向う数名の声も聞こえ、西峰から来て東峰を通過して下山していく者もあり。
10:40に帰路につき、約50分で下山した。途中、6名のグループを含め10数名のすれ違いもあり、平日でもなかなかの賑わいであった。

9月22日~23日は、ジオパークがらみでの有志登山で、今年は5年目になったが、6名で中央アルプスの空木岳2863.7mと南駒ヶ岳2841mへ登った。
これは次の投稿で報告する。

9月24日、10:00~11:30に、伊那市長谷・南ア林道の鷹岩トンネル工事の見学会があり、ジオパークガイド会会員10数名と参加。午後は、駒ヶ根の山家で野良(草刈り、クルミ・クリ拾い)。

DSC00384編.JPG
伊那市長谷南ア林道・鷹岩トンネル工事見学会

9月25日は、午前中は、駒ヶ根の山家で野良(草刈り、根菜類の手入れなど)。
午後は伊那市長谷公民館に出向き、夕刻から伊那市創造館で会議に出席。

9月26日は、午前中は、駒ヶ根の山家で野良(草刈り、クリ拾い、根菜類の手入れ、秋の植え付け準備など)。午後は伊那市長谷公民館に出向き、「戸台の化石」資料室で片付け作業などを済ませ、夕刻には、青梅への帰路に着いた。

DSC00404編.JPG
駒ヶ根の山家で、そこここに咲き乱れているユウガギク。

DSC00405編.JPG
朝の中ア宝剣岳を望む。手前右は、四季咲のヤマツツジ、左は赤い実を付けたウメモドキ。

DSC00410編.JPG
駒ヶ根の山家付近から、空木岳を望む(中央の奥)。

コメント(0) 

甲斐駒の麓より 2017-09-25 [山麓便り]

平井英明

久しぶりの報告になりました。
9月の週末は何かと愚図ついた天候で、甲斐駒を久しぶりに確認しました。
山ろく周辺では稲刈りのコンバインが稼働している風景を多く見るようになりました。

秋の甲斐駒.jpg
黄金色の実りと甲斐駒ヶ岳

甲斐駒.jpg
キバナコスモス

我が家もいよいよ収穫の日々。稲刈りをはじめ、落花生や大豆、花豆の豆類。
サツマイモ、サトイモなどのイモ類等々忙しい週末になります。
nice!(0)  コメント(0) 

甲斐駒の麓より 2017-08-28 [山麓便り]

平井英明


甲斐駒の見えない週末が続くこの夏ですが、
8月27日に草刈りをしている途中で雲が下がり、頂上付近が見えました。
久し振りの甲斐駒.jpg
久々の甲斐駒

夏はいつだ、夏はどこ、と言っている間に立秋も過ぎました。
家の周りを見ると、夏の名残と秋模様。そんな今の我が家の周辺を紹介します。

おくらの花.jpg
オクラの花がきれいです。

花豆の花.jpg
花豆の赤色の花もきれいです。
でも虫らはさやの中の若豆をさします。どのくらい収穫できるか不安いっぱいです。

美らウリ.jpg
この実をご存知の方は、昨年、千葉県の鋸山を登った方でしょう。そうです。その時、いただいた実から種を取ったものです。妻が栽培し、みごと「美らウリ」が沢山実りました。赤く色づくのを楽しみにしているところです。また、こんな寒いところでも育ったことにも感激です。

つゆ草.jpg
秋の風景で、つゆ草の青が鮮やかです。

コキア.jpg
コキアも小さな赤い花がいっぱい咲き出しました。

オニヤンマ.jpg
縁側には「オニヤンマ」がなぜか2匹つき果てていました。

吐龍の滝.jpg
最後に我が家の娘の帰省時に必ず行くパワースポット「吐竜の滝」です。
本当、この滝と正対し目を閉じると気持ちがすっきりし、元気になります。
清里の清泉寮からのハイキングコースにもなっています。皆さん如何ですか?
甲府盆地は収穫の季節。ぶどうを食べに山梨にいらっしゃーい!



コメント(2) 

駒ヶ根だより 2017-08-21 [山麓便り]

北村健治

8月二回目は、お盆明けの18日~21日で滞在しました。連日の曇天・にわか雨・雷雨・強風と不安定な天候が続いていますね。

18日(金)は、午前中に90歳を超えた恩師を訪ねました。午後から伊那市長谷公民館に出向き、翌日の某団体の化石学習会の準備を済ませ、夕刻には、駒ヶ根の山家に落ち着き、里山散策。中アの宝剣岳は雲の中、暗くなると千畳敷ホテルの灯りがいつもながらに見えました。

DSC00168編.JPG
駒ヶ根山家で蕎麦の発芽状況を観察。

DSC00169編.JPG
土手に咲き始めたコバギボシ。

19日(土)は、山家を6:30ころには出立、伊那市長谷公民館で、9:00~15:00化石学習会。夕刻知人を訪ね、明るい内に駒ヶ根の山家に帰着。野菜の収穫や草刈りなど。

DSC00173編.JPG
某団体「化石学習会」の採集光景。

DSC00181編.JPG
駒ヶ根山家より夕暮れの中ア・宝剣岳を望む。

20日(日)は、終日ノラクラ生活(ジャイモ掘り・草刈り・根菜類手入れなど)。夕刻姉宅を訪問。

21日(月)は、午前中草刈り・紫蘇収穫。午後は伊那市長谷公民館へ出向き、標本整理などで夕刻まで過ごし、夜半には青梅に帰宅。

DSC00164編.JPG
最近、伊那市長谷の知人から「戸台の化石」資料室に届けられた、二枚貝類トリゴニア(三角貝)化石の密集している礫岩ブロック。
  


コメント(0) 

駒ヶ根だより 2017-08-08 [山麓便り]

北村健治

8月3日
 昼食後、12:55青梅を出立。青梅街道を西進、暑苦しい西東京から、奥多摩路をのんびり走り、柳沢峠を越えて甲斐路へ。中央道双葉SA/ICから、高速で伊那ICから駒ヶ根の山家へ18時ころ到着。

DSC00018編.JPG
駒ヶ根山家から、雲に覆われた中ア・宝剣岳あたりを望む。

DSC00021編.JPG
駒ヶ根山家付近から、南アルプスを望む。
 
 山家の周りを散策。南アルプスも中央アルプスも雲に覆われていて、どんよりしていました。
 ユウガギクやオミナエシが咲いて、ヒグラシも鳴いていました。伊那谷の里山はもう秋ですね。

DSC00023編.JPG
ユウガギク

8月4日
 朝食後、野良(草刈り・ジャガイモ掘り・ネギの手入れ)。午後から友人宅に立ち寄り、伊那市長谷公民館へ。18:30ころまで学習会の準備。

8月5日
DSC00031編.JPG
駒ヶ根山家付近で、オミナエシと中ア・宝剣岳。

06:25には山家を出て、07:20には長谷公民館へ。「戸台の化石」保存会・第93回学習会でした。この活動も満31年となりました。08:30開会、座学約40分。現地での化石採集11:30過ぎまで。午後は公民館で標本整理やまとめ学習。15時には閉会・片付けを済ませ、16時前には10数名の応援スタッフや有志でお茶会。17時には解散。

DSC00050編.JPG
5日の学習会で、化石採集風景。

8月6日
 終日野良仕事(草刈り・草燃やし・ソバ播き・里芋の手入れなど)。

8月7日
 午前中は野良仕事。午後買い物やJAなどで用足しを済ませ、伊那市長谷公民館(「戸台の化石」資料室)へ、片付けなど。
  18:30過ぎ、青梅に向けて帰路に着いたが、台風の豪雨がらみで中央道不通と事故で、深夜に帰宅。

コメント(0) 

甲斐駒の麓より 2017-07-27 [山麓便り]

平井英明

先週末の甲斐駒定点報告です。

日本列島は異常気象(当たり前になりつつある現象?)に見舞われ、
各地で大きな被害が出ています。

一方、山梨は日照り続きの梅雨時期から、梅雨明けに雨模様と、
やっと一息つくことができました。

トウモロコシ.jpg
トウモロコシ

甲斐駒は姿を見せたり見せなかったりですが、麓では子供らの元気な姿を見ることができました。

甲斐駒の里.jpg
甲斐駒の里

夏を通り過ぎて秋を感じる花も咲き出しました。

コスモス.jpg
コスモス

ダリアも何種類か咲き誇っています。

ダリア1.jpg
ダリア

ダリア3.jpg
ダリア

八ヶ岳周辺は湧水が多く、その一つ「八衛門出口」を紹介します。
我が家のお茶、コーヒ ー、炊飯にも利用している水です。

八衛門出口.jpg
八衛門出口湧水

八衛門出口2.jpg
八衛門出口湧水の説明板

駒ヶ根だより 2017-07-26 [山麓便り]

北村健治

7月20日~25日と駒ヶ根滞在でした。
6日間中アの山々は雲に覆われてほとんど姿を見せませんでしたが、夕刻になると、
千畳敷ホテルの灯りがちらちらと見えていました。

20日は、6時30分青梅を出発して、杖突峠で守屋山東峰まで約2時間30分ほどの散策(植物観察)をして、午後から伊那市長谷公民館へ出向いた。

DSCN2304編.JPG
ウツボクサ(守屋山)

DSCN2319編.JPG
キバナノヤマオダマキ(守屋山)

21日は、9時長谷公民館に集合で「戸台の化石」保存会・研修会(学習会準備会)。国交省事務所・長谷総合支所から各2名と関係者10名ほど。
学習会で入山する化石産出地への山道整備や露頭からの化石産出状態の確認作業などを実施。
午後は公民館でその後片付けなど、夕刻まで作業。

22日は、午前中は駒ヶ根の山家で野良生活(草刈り、根菜類の手入れなど)。
午後は伊那市長谷公民館の「戸台の化石」資料室で作業などで過す。

DSCN2347編.JPG
駒ヶ根山家からガスに覆われている中ア・宝剣岳

23日は、駒ヶ根の山家で、終日野良クラ生活、夕刻から兄姉と交流会。

24日は、5時起床、南割公園散策(ハチョウトンボの観察)。
午前中は駒ヶ根の山家で野良生活(草刈り、根菜類の手入れなど)。
午後は伊那市長谷公民館の「戸台の化石」資料室で作業。
夕刻(17~20時)伊那市創造館で「上伊那誌」編集委員会。

DSCN2391編.JPG
キツリフネソウ(駒ヶ根山家周辺の里山)

DSCN2364編.JPG
ハッチョウトンボ(駒ヶ根市赤穂南割公園)

25日は、5時起床、南割公園再度散策〔ハチョウトンボの観察)。周辺での植物観
察。
DSCN2419編.JPG
ユウガギク(白花の野菊、駒ヶ根山家)

8時30分には伊那市長谷公民館へ出向き、9時から伊那市西春近南小学校6年生28名+付き添い3名の「戸台の化石」学習会、14時30分終了。

P7250006.jpg
伊那市西春近南小学校6年生の化石採集の様子

夕刻まで後片付けなど、夜半に青梅に帰宅。


駒ヶ根だより 2017-07-12 [山麓便り]

北村健治

7月は野良(ことに草取り・草刈り、タマネギ・ニンニクの収穫)も気になり、駒ヶ根に7~10日滞在しました。

7日は、昼食後出立、16時前に伊那市長谷公民館に出向き、日没前に、駒ヶ根の山家に到着しました。

8日は、晴、午前中山家での野良仕事、午後長谷公民館(「戸台の化石」資料室)に出向き、標本整理など、友人に会う。

9日は、晴、終日山家で、野良駆良生活(庭木の手入れ、畑の草取り、ジャガイモの試掘など)。兄姉との交流。

DSCN2281編.JPG
9日18時ころ、駒ヶ根山家より、夕暮れの中ア宝剣岳を望む。
暑さで霞んでいます。

10日は、午前中山家で野良(草刈りなど)、午後長谷公民館へ出向き(国交省事務所訪問・綜合支所訪問)、17時より伊那市創造館で会議、夜半に青梅に帰宅。

DSCN2283編.JPG
10日5時ころ、駒ヶ根山家より、朝日に染まり始めた中ア宝剣岳
もう雪もほとんど消えました。

DSCN2289編.JPG
伊那市長谷粟沢の路傍で、タケニグサが咲き始めています。

DSCN2291編.JPG
伊那市長谷粟沢の路傍で、ミズキ?の花。

DSCN2292編.JPG
伊那市長谷粟沢の路傍で、クズの葉とどんなに乾いていても花を咲かせる、野生化したムシトリナデシコ(外来)。

駒ヶ根だより 2017-06-29 [山麓便り]

北村健治

 6月は16日から27日まで、11日間という長期駒ヶ根滞在(おそらく最長記録)となりました。

DSCN2116編.JPG
 16日(金)朝、青梅をゆっくりと出立。
10時ころには高遠町の三峰川河畔での雪形「下がり駒」「稗播き爺」を観察。例年になく異形?(地形変化によるものか?)
 昼前には伊那市長谷公民館に出向き、午後の入野谷講座「駒形社」に特別参加し、駒ヶ岳ファンクラブの紹介もした。
 また、翌日の学習会の準備をしたり、西村公一公民館長(保存会長)と学習会現地下見を済ませる。

 17日(土)4時起床、久しぶりの草刈り。伊那谷ことに駒ヶ根はここ2か月ほど干ばつ状態で、草の伸びももうひとつである。畑にはスベリヒユとアカザばかりである。

DSCN2125編.JPG
 山家から、6時ころの中ア・宝剣岳。相変わらず雄姿である。

 7時30分には長谷公民館へ出向き、第92回学習会「三峰川石ころウォッチング」を開催。12組29名の参加者、スタッフ9名で予定通り15時終了。
 なお、小生は17~19日間に、アンモナイト研究者の標本観察検討に対応した。

DSCN2127編.JPG
学習会座学

 18日(日)は終日、アンモナイト研究者の標本観察検討に対応。アンモナイトの新しい属種の産出が判明しそうである。
 
 19日(月)午後、伊那市西春近南小学校木村先生と伊那市ジオパーク担当小沢女史の訪問あり。7月25日西春近南小学校地域学習「戸台の化石」実施について打ち合わせなど。

 20日(火)午前中、駒ヶ根の山家で野良九楽生活(草刈り、草取り、根菜類手入れ、庭木手入れなど)。午後休養(兄姉と交流会)。

 21日(水)午前中雨。駒ヶ根の山家で野良(草刈り)。昼ころより従兄弟宅訪問。伊那市長谷公民館(「戸台の化石」資料室標本整理・展示物標本の調整など)。夕刻知人と夕食。

 22日(木)午前中、駒ヶ根の山家で野良(草刈り、草取り、サツマイモ本植え)。午後は伊那市長谷公民館(「戸台の化石」資料室標本整理)。

DSCN2136編.JPG
駒ヶ根山家付近から、仙丈ヶ岳・北岳遠望。

 23日(金)朝8時30分より2名の保存会運営委員と共に、資料室内の作業(ラベル張り、データ記録、標本整理など)で終日を過ごす。

DSCN2148編.JPG
駒ヶ根市中沢林道にて、薄紫色のコアジサイ

 24日(土)朝の内に草刈りなどし、8時20分には出立。伊那市長谷公民館経由、9時40分ころ戸台口バス発着所へ。長衛祭参加(すでに報告済み)。

 25日(日)午後は駒ヶ根の山家で、野良九楽(草刈り、根菜類手入れ)。夕刻に兄・姉宅訪問。

DSCN2222編.JPG
伊那市女沢林道にて、満開のバイカウツギ

 26日(月)午前中、駒ヶ根の山家で野良(草刈り、根菜類手入れ、根菜類一部収穫)。午後は伊那市法正寺訪問。17時伊那市創造館で上伊那誌編集会議に出席。20時終了。

 27日(火)午前中、野良(根菜類手入れ、根菜類一部収穫)。午後友人訪問。伊那市長谷公民館(展示物標本の調整など)。17時40分青梅に向けて帰路に就く。    
              
前の10件 | - 山麓便り ブログトップ