So-net無料ブログ作成

志賀山~裏志賀山~大沼池へのハイク [登山記録]

伊達樹里

8月7日、志賀高原に行き、志賀山・池めぐりハイクをしました。
台風の影響で午後雨が予想されるというので、駆け足で歩きました。
雨が降った後でもあり、山道は水が流れていたり、ぬかるみだったりしましたが、
例年より遅い花たちが迎えてくれました。

DSCN2066[1].jpg
渋池、奥は横手山頂。

DSCN2067[1].jpg
イチヤクソウ 

DSCN2069[1].jpg
志賀山頂 

DSCN2071[1].jpg
ホツツジ 

DSCN2073[1].jpg
裏志賀山からの下り、四十八池の湿原と木道が見える。 

DSCN2075[1].jpg
大沼池がガスの中に見えてきた。 

DSCN2076[1].jpg
ちょっと寂しいハクサンシャジン。 

DSCN2077[1].jpg
アカモノ 

DSCN2081[1].jpg
大沼池は青かった! 

DSCN2087[1].jpg
ヨツバヒヨドリにアサギマダラ
コメント(0) 

水沢山 [登山記録]

仲 徳治

7月10日、群馬県伊香保温泉の手前、五徳山水澤寺の裏にある水沢山に行ってきました。
1194m、約2時間の登山でした。

グラフィックス1.png
駐車場から仰ぐ水沢山頂上

グラフィックス2.png
水沢山登山口 687m 10:03
木の葉が覆い茂り涼しい。

グラフィックス3.png
蝉が脱皮した直後  753m 10:15
黄緑色の羽根、初めて見た。この先1週間が一生。忙しい一生。

グラフィックス4.png
休み石 948m 10:43
道のり2kmの中間。

グラフィックス5.png
十二神将石仏 1046m近辺 11:30
この写真はネットから拝借。

グラフィックス6.png
祠  1170m 11:48

グラフィックス7.png
登った後を振り返る 1170m 11:49

グラフィックス8.png
水沢山頂上  1194m 11:50
遠くの山は霞んでいました。

コメント(0) 

ちょっと流行りの駒木立 [登山記録]

小笹鉄文

7月31日、駒木立登山、小野寺夫妻の案内で、谷さん、田中さん、小笹が登りました。
登山口を10時30分に出発し、11時50分に頂上に着きました。

IMG_1352.JPG
小笹、田中。

IMG_1353.JPG
谷、田中、小野寺夫妻。

帰途、天台寺を見学しました。

コメント(0) 

焼石駒登拝祭 記念撮影! [登山記録]

石橋清美

クリックして大画面でKFC参加者を見つけてください!

焼石駒頂上1.JPG

IMG_1384駒ヶ岳ファンクラブの仲間と山下宮司さんと(山頂にて).JPG
KFCの仲間と山下宮司さん(谷さん提供)
コメント(0) 

焼石駒に行ってきました [登山記録]

石橋清美

 8月1日朝7時の集合時刻に合わせ、田口さん、谷さん、田中さんと陸中一宮駒形神社に向かう。神社にはすでに小野寺夫妻も到着しており、参加者全員と共に出発式を行う。
 バスで登山口のあるうかい清水へ向かう。登山口で記念写真を撮ってもらい、班ごとに出発。地元の皆さんは、今日のために準備してあったしめ縄・種々のお供物を背負うなど工夫して荷揚げに勤しんでいる。何やら四角い荷物を背負っているご老人も見うけられる。

グラフィックス1.png
出発式        

グラフィックス2.png
しめ縄を運ぶ様子

 頂上まで2時間かけて登っていく間に空も晴れてきた。皆さん和気藹藹で楽しい登山になっている。いよいよ奥宮に着くとまず昼食を三々五々取り始めた。
 その時かき氷を嬉しそうに食べているのを見た。???どうしてか。すると社の後ろで懸命にかき氷を作っている方たちを発見!!。聞くと昨年カキ氷のサービスをしたら評判がいいもので今年は冷凍庫まで用意し、氷を作ってきたという。さらに小さ目ではあるが、カキ氷器まで運んできている。それにはびっくりしたが、喜んで頂くことにした。

グラフィックス3.png
氷をかく方 
                 
グラフィックス4.png
カキ氷は割りばしで

 この社は6年前ごろにあった岩手内陸地震の際壊れたものを、皆さんの協力で荷揚げをして建て替えたと聞いた。こんな険しい山道なのにみんなで材木などを担いであげたという。駒ヶ岳ファンクラブにも参加した方がおり、当時の協力者として名札が社の中に掛けてあるのを見て感激していた。
 社の前では神社の氏子さんたちが、お供え物の準備をしたり、神主さんがお供物をあげたりして準備に余念がない。ここでも神主さんは着替えをし、祝詞をあげ奥宮登拝祭を厳粛に行った。

グラフィックス5.png
社には馬が黑1頭・白2頭まつられている 
          
グラフィックス6.png
登拝祭の様子

 85歳の参加者が昭和35年の日照りの時にここで雨祈願をしたと語っていた。黒い馬に雨祈願をするのだと言う。白い馬には逆に雨続きの時には晴祈願をするそうだ。
 陸中一宮駒形神社は参加者の様子から、地元に密着し愛されている神社と実感した。地元の皆さんは愛嬌が良く親切で、何とも優しい。

 登拝祭を済ませ夏油温泉に下山した。直会(なおらい=夕餉)の折に参加者全員に参加回数を記載した「證明書」を受けながら一言皆さんに挨拶した時もそれぞれの話が楽しく、会が盛り上がった。

 8月2日には、水上・金ヶ崎の2つの里宮へ拝し、駒形神社へと戻り散会の後、社殿を拝し帰路についた。

 たくさん咲いていた花の中に、こんな花がありました。谷さんが「オオウバユリ」と、名前を教えてくれた。

グラフィックス8.png
オオウバユリの蕾

グラフィックス7.png
満開のオオウバユリ


コメント(0) 

駒ノ鞍 [登山記録]

木本桂春

7月19日、空を見ると空の青さに力がありそうです。計画していた駒ノ鞍へ行くことにした。この山は乗鞍岳から岐阜県側に伸びる長大な千町尾根上にあり、下から登るか、上から下って登るか、その場合の下山をどうするか、自分の体力、気力と相談した結果、乗鞍岳を越え駒ノ鞍に達し往復することにした。

午後に家を出て、スカイラインの最終バスで肩の小屋入り。

グラフィックス8.png
小屋から夕暮れの乗鞍岳
 
午前2時、暗闇の道を頂上へ、千町尾根の下り口が岩場でうまく降りることが出来ず、ヘッドランプをたよりにゆっくりとヤット降りる。4時少し明るくなる。5時15分、ふり返ると頂上の右手から陽が射してくれた。

グラフィックス9.png
日の出

グラフィックス10.png
左前方に御岳、前方の雲海上に影乗鞍が浮かぶ。元気が出てくる。

グラフィックス11.png
緩やかな尾根を下り続ける、右手に笠ヶ岳が見えてきた。黒部五郎岳もその左に見える。

グラフィックス12.png
這松帯の中の道を行く吾の影。

尾根は2500m付近から下り始める。笹と雑木の藪に突入。1時間も歩いたであろうか、木道があらわれ、しばらくすると奥千町避難小屋が湿原の中にあらわれた。

グラフィックス13.png
奥千町避難小屋

小屋からオオシラビソの樹林の中を下ると、鞍部に湿原があらわれ、その水面に乗鞍岳の山容が浮かんでいた。

グラフィックス14.png
逆さ乗鞍岳

ここから駒ノ鞍の山頂へ登る。山道は頂上を通っていないので、高みを目指して、登った。
グラフィックス15.png
道なきルート

何の展望も得られなかったが、満足だった。陽はすでに頭上にあった。ここから標高700m距離6kmの登山にかかる。しかし、登る道中にはすぐそばに高山の花々、先人が信仰のために上げた石仏の多くと出会える。それも誰もいない吾の一人占めがいい。

グラフィックス16.png
ニッコウキスゲ

グラフィックス17.png
馬頭観音が静かに見ていてくれた。千町から大日岳まで88体の石仏が担ぎ上げられ、高山植物の中で見守ってくれた。

グラフィックス18.png
チングルマイワカガミ。その他沢山。

グラフィックス19.png
乗鞍岳の直下。岩陰に咲く、駒草

11時間、人ひとりも見ることなく、頂上に戻った。
午後の陽は時々流れてくる霧が涼やかで、老体を守ってくれた。
老残には試練の山であったが嬉しかった。

グラフィックス20.png
乗鞍岳頂上の夏の雲と空

グラフィックス21.png
眼下の権現池の水のあおさよ。

雨の間隙をぬっての登山。しかし、この後再び雨が降り出す。7月最後の週末も小雨が降っている。

鵯峰(ひよどりみね) [登山記録]

木本桂春

◆7月は天候が落ち着かず、いまだ梅雨明けならず。
7月のはじめ連日の大雨に黒部川は例年通り、宇奈月の上流2つのダムの連携排砂と称してダムに溜った土砂、木等を流すために、ちょっとした人的洪水を興します。
           
平常時は貧相な流れの黒部川は濁流となり、一直線に富山湾へ。富山湾は濁り湾と化します。濁りは黒部源流の名山の八千八谷から削られたものです。

グラフィックス1.png
宇奈月温泉の下流、愛本橋付近の状況です。

◆1週間置いて宇奈月の上流の黒部峡谷北又谷へ入渓です。

グラフィックス2.png  
朝霧の北又谷、気持ちの良い青嵐が吹きます。

グラフィックス3.png           
前方に見えるのが猫又山です。
左方向の奥深く、白馬岳(上ノ駒ヶ岳)があります。江戸時代の奥山廻役がこのルートを登り、信州国境の山々をパトロールしました。
今日は岩魚釣りです。尺もの4、5匹。

◆今年の干支の酉の山登り、今月は鵯峰に行きました。
早朝に出て、姫川上流根知谷出合からの2つの駒ヶ岳です。

グラフィックス4.png
根知谷の奥には糸魚川駒ヶ岳です。

グラフィックス5.png
姫川上流には白馬岳(上ノ駒ヶ岳)です。

鵯峰は栂池高原に近い所にあります。林道はゲートがあり通れず。ゴンドラで途中の栂の森まで行き、そこから登ります。

グラフィックス6.png
ゴンドラから見た、鵯峰です。右手方向のスキー場から登ります。地図をしっかり読みながら、生い茂った雑草をかきわけ進みます。

グラフィックス7.png
頂上には朽ち果てた木のベンチが一つ。ガスで何も見えません。それでも帰りに根曲がり竹の筍20本ほど採り、天ぷらと味噌汁でいただきました。

大駒ヶ岳 [登山記録]

原田勝之

6月25日

P6251356.JPG
大駒ヶ岳登山口のウェストン碑で記念撮影

P6251360.JPG
ブナの木の実
熊の大好物。食べて見ましたが淡泊な味でした。

P6251361.JPG
タニウツギ

P6251362.JPG
日本一のダケカンバ

P6251370.JPG
大駒ヶ岳

P6251372.JPG
大駒ヶ岳で記念撮影

P6251373.JPG
大駒ヶ岳から三ツ岳と十和田湖

P6251377.JPG
三ツ岳から大駒ヶ岳

P6251384.JPG
倉石温泉で汗を流す
小野寺さん、ご案内をありがとうございました。
幹事の仲さん、お疲れさまでした。
天気にも恵まれ、すばらしい2日間でした。


天台寺~ウェストン碑 [登山記録]

原田勝之

6月24日 歴史散策

P6241338.JPG
天台寺
今東光、瀬戸内寂聴が住職を務めていた。中尊寺より歴史が古いと言われている。

P6241339.JPG
姥杉の焼跡=天台寺の大杉
戦後多くの大杉が伐採された。

P6241341.JPG
天台寺のヤマボウシ

P6241343.JPG
浅水駐在所

P6241345.JPG
戸来家のウェストンの碑
この家に泊まった。

P6241347.JPG
戸来家のウェストンの碑の前で記念写真

P6241354.JPG
キリストの墓

駒木立山~田代連山 [登山記録]

原田勝之

6月24日 山歩き

P6241301.JPG
七時雨山 

P6241302.JPG
駒木立山 

P6241309.JPG
ヤマツツジ 

P6241313.JPG
三方沢山(サブジャヤマ)

P6241315.JPG
ベニバナイチヤクソウ 

P6241314.JPG
田代山連山(三方沢山と駒木立山と田代山)

P6241317.JPG
田代山山頂 

P6241318.JPG
田代山山頂にて

P6241327.JPG
駒木立山頂にて

P6241331.JPG
ミヤマオダマキ