So-net無料ブログ作成
検索選択

瑞牆山頂にて [登山記録]

原田勝之

先に報告の瑞牆山の山頂スナップです。
P6181277.JPG

P6181282.JPG

P6181284.JPG

P6181285.JPG

P6181288.JPG

瑞牆山登山 [登山記録]

谷 和代

 入梅中の6月18日、企画委員会2017年第2回行事となる瑞牆山登山が行われた。田中、谷、伊達、原田の4人は韮崎駅から8時50分の瑞牆山荘行きバスに乗車し、瑞牆山荘へ。そこで車の石橋夫妻と合流。
 10時10分登山口(1520m)を出発、樹林帯をゆっくり登る。予定より少し早く富士見平小屋到着。
 小休止の後、折角、登ったのに沢に向かって下る。アズマシャクナゲにトウゴクミツバツツジが綺麗だ。山頂方面はガスっているが、桃岩を左に見て、シャクナゲの咲く道を徐々に登り、梯子やクサリの岩場を通過して山頂に着く。
 時折、雲が切れ周辺が見えるが、金峰山方面や信濃川上方面は展望なし、
 ゆっくり昼食。名残惜しいが山頂を後にして下山。富士見平小屋の水場で冷たい水をお土産に瑞牆山荘に下る。石橋夫妻の車で増冨の湯で入浴。
 余裕で韮崎に着き。お二人と別れてそれぞれ帰宅の途に就いた。
 入梅中で天気が心配でしたが、関東の雨のニュースの中、雨にもあわず、楽しい山行でした。
 出会った花々を紹介します。

IMG_1195アズマシャクナゲ.JPG
アズマシャクナゲ

キバナノコマノツメ.JPG
キバナノコマノツメ

ギンラン.JPG
ギンラン

クリンソウ.JPG
クリンソウ

ツマトリソウ.JPG
ツマトリソウ

トウゴクミツバツツジ.JPG
トウゴクミツバツツジ

ベニバナヒメイワカガミ.JPG
ベニバナヒメイワカガミ

レンゲツツジ.JPG
レンゲツツジ


鳥と馬の山散策~白鳥山から下駒ヶ岳 [登山記録]

木本桂春

 今年は酉年です。そこでKFCの馬と対で鳥の山を毎月登ろうとしています。
その戦果は
 1月=烏帽子山・馬鬣山、2月=鳶ヶ峰・馬鬣山、
 3月=鷹打山・駒の頭、4月=大鷲山・箱根駒ヶ岳(神山・冠ヶ岳)
 5月=鳥捕山・馬場山と低山徘徊をつづけています。

 6月11日は白鳥山から下駒ヶ岳を通しでやることにしました。天気も良いので夜明け前に新潟県境に向かいます。

グラフィックス1.png
日本海から上る太陽        
 県境の境地区から見た、米山と佐渡ヶ島の中間あたりの日本海から上る太陽です。雲の後ろからは後光が射し金粉をまき散らしているようです。夕陽は富山湾の能登半島沖に落ち込みます。6月は海に上り、海に没します。

 県境の境川上流から新潟県側の上路川をたどり、登る人の多い坂田峠を避け、山姥駐車場へ。陽の当たる前に緑の回廊登り、山姥洞窟から鼓ノ滝へ。小滝は謡曲「山姥」にちなんで鼓ノ滝と呼ばれています。

グラフィックス2.png
鼓ノ滝

木の緑深き、滝も風情があります。足元にはコイワカガミ、そして回廊の上にはオオカメノキの白い花が青空に映えます。

グラフィックス3.png
コイワカガミ

グラフィックス4.png
オオカメノキ

グラフィックス5.png
 白鳥山直下から見る、手前の緑が下駒ヶ岳、その後ろが犬ヶ岳、遠くの残雪の多いのは朝日岳です。

 意外なことに白鳥山の山頂小屋には前泊者がいたので頂上を通過し、下駒ヶ岳に向かう。再び緑の急な回廊を下っていくと雪解け際にカタクリ、サンカヨウの花々が迎えてくれます。

グラフィックス6.png
カタクリ

グラフィックス7.png
サンカヨウ 
          
 東北方向に糸魚川駒ヶ岳の山群が見えてきます。

グラフィックス8.png
大きな山は、焼山で噴煙が見えます、その左が火打山で標高2462mでこれより以北には火打山より高い山はありません。ぐっと下がって、手前の黒いシルエットの左が糸魚川駒ヶ岳です。焼山、火打山から見ると標高が900m程低いのです。これらの山群全域は世界ジオパークのジオサイトになっています。

グラフィックス9.png
 下駒ヶ岳付近から見た剱岳です。
          
 下駒ヶ岳の頂上着、江戸時代の加賀藩・黒部奥山廻役により巡検されました。犬ヶ岳、下駒ヶ岳、寺山(現在の白鳥山)を下駒三山と呼び、下駒ヶ岳の境川・北谷と似虎谷の出合付近に小屋掛けしてここを拠点に200年以上にわたって活動しました。

グラフィックス10.png
下駒ヶ岳の頂上。今日も相棒はストックに日除け付き帽子でした。

グラフィックス11.png
足元にギンリョウソウが見送ってくれました。

夜叉神峠 [登山記録]

谷 和代

5月28日、30年ぶりくらいになるではと思う夜叉神峠に行ってきました。

夜叉神峠の碑と南アルプス.JPG
夜叉神峠の碑と南アルプス

出足が遅かったので、12時10分夜叉神峠着。
上から降りてくる人達は山は見えたり見えなかったりとの返答だったのですが、
運が良かったか、間ノ岳と北岳を見ることが出来ました。

谷撮影.JPG
間ノ岳

北岳.JPG
北岳

名残惜しいのですが、高谷山に向かうと山頂手前で富士山が、山頂からは木の間越しに北岳と仙丈も見えました。

高谷山手前で見えた富士山.JPG
高谷山手前で見えた富士山
木の間に甲斐駒ケ岳.JPG
木の間越に甲斐駒

出会った花を紹介します。

エンレイソウ.JPG
エンレイソウ

ミツバツチグリ.JPG
ミツバツチグリ

ラショウモンカズラ.JPG
ラショウモンカズラ

サラサドウダン.JPG
サラサドウダン

黒部奥山状況・低山徘徊 [登山記録]

木本桂春

今年の黒部奥山の状況をお知らせします。まずは雪形の状況。

グラフィックス1.png     
僧ヶ岳の雪形、魚津市の片貝川下流からです。僧の雪形はだいぶ崩れてきました。

グラフィックス2.png      
夜明けの越中駒ヶ岳です。駒形も天に登る寸前です。

5月20日、わが入善町の最高峰負釣山へトレーニングです。
      
グラフィックス3.png
頂上から北西に黒部川扇状地が見えます。

今は田植えが終わり、水浸しの状態です。扇状地を右から左へ東京から新幹線が水の上を走ります。しばらくするとオールグリーンになり、黄金の秋そして白銀の世界へと四季はうつろいます。

グラフィックス4.png
頂上から南へ散歩です。夏は花の乱舞する朝日岳です。白馬岳から日本海へ抜ける、中継点となっています。まだまだ雪の中です。

グラフィックス5.png       
朝日岳から右に目を転じると白馬岳(上駒ヶ岳)です。右の白馬旭岳の馬形も消え入りそうです。

グラフィックス6.png         
黒部渓谷を挟んで右から駒ヶ岳、毛勝山、剱岳です。

剱岳北方稜線とよばれ、宇奈月から剱岳へは雪のある時期にトレースされます。日本でもレベルの高い登攀ルートです。今年は雪が少なかったのですが、雪解けが2週間ほど遅いようです。

根子岳から四阿山へ [登山記録]

                        仲 徳治

お馴染みの百名山・花の百名山。
花は未だ雪の下ですが、麓の真田の里は桜が満開。その先の菅平の桜は未だ未だ。
4月29日は北国街道と上田城を廻り、翌30日菅平登山口の春の始まりから雪の頂上を回ってきました。
29日里は一時夕立、山は少々新雪がありましたが、30日は上天気。

R0015684.JPG
北国街道の街並み。車が普通に入っており何か違和感が残った。

R0015693.JPG
真田記念館の人形

R0015712.JPG
菅平の登山口。周囲に残雪の雪田が点在。

R0015738.JPG
根子岳頂上。北西に峰の原スキー場

R0015758.JPG
根子岳から鞍部への岩場

R0015761.JPG
正面は四阿山、未だ未だ雪の山。

R0015770.JPG
四阿山への登り

R0015774.JPG
ダボス牧場からの径の交差点。風の通り道。雪が飛ばされ地肌が見えている。

R0015781.JPG
四阿山への最後の登り

R0015798.JPG
四阿山の頂上より根子岳を振り返る。

R0015805.JPG
四阿山頂上2354m

R0015828.JPG
四阿山からの下り、2100m(中四阿山)近辺より見た根子岳。

R0015834.JPG
四阿山からの下り、1917m(小四阿山)近辺。

R0015842.JPG
下りの森、1630m(大明神沢)近辺。

R0015859.JPG
菅平の牧場

6:30 菅平の登山口
8:30 根子岳
11:00 四阿山
13:50 菅平の牧場へ下山
案内書より少々タイムオーバー。日常の訓練不足か古希を過ぎた歳のせいかな。

御前山の春 [登山記録]

                        伊達樹里

4月24日、東京奥多摩の御前山に友人と5人で登りました。
出迎えてくれた可憐なエフェメラルたちを紹介します。
はいつくばって撮影したのは友人です。

20170424御前山1013.jpg20170424御前山1033_2.jpg
カタクリ

20170424御前山1522.jpg20170424御前山1521_2.jpg
コチャルメルソウ

20170424御前山1142.jpg
ハシリドコロ

20170424御前山1453.jpg
20170424御前山1537.jpg
ニリンソウ

20170424御前山1433.jpg
ヨゴレネコノメソウ

20170424御前山1426.jpg
アズマイチゲ

20170424御前山1635.jpg
セリバヒエンソウ

20170424御前山1606.jpg
フタバアオイ

20170424御前山1456.jpg20170424御前山1605_2.jpg
エイザンスミレ

20170424御前山1604.jpg
ヒトリシズカ

20170424御前山1545.jpg20170424御前山1545_2.jpg
コガネネコノメソウ

20170424御前山1505.jpg
ヤマエンゴサク

20170424御前山1501_2.jpg
宿題!

大鷲山(馬場山) [登山記録]

                        木本桂春

 相変わらずの低山徘徊です。この山は富山県の最北端の海岸線に近いところにあります。新潟県とは境川を一歩越えればという近さにあります。今は大鷲山とありますが江戸時代の絵図には馬場山と記載されていました。今年の干支の酉の山と駒の山に対で登れました。雪も消えたので林道で取付まで車で入るつもりでしたが倒木で歩いて取付の500mへ。

グラフィックス1.png
春も進み、イワウチワとショウジョウバカマの群落にあう。

グラフィックス2.png             
少し登ると雪椿が雪に解放されお出迎えです。

グラフィックス3.png              
陽だまりの600m付近で山毛欅の芽吹きにあう。
       
グラフィックス4.png
この上では緑に会いませんが、純白のタムシバが咲き始めています。

IMG_3491.JPG
700m残雪の上にはマンサクがやっと咲いています。                

グラフィックス5.png
頂上からは剱岳北方稜線、下駒三山が見えるはずでしたが
運悪く、雲で下駒ヶ岳しか見えませんでした。

グラフィックス6.png                  
頂上から望む越中宮崎海岸線です。翡翠海岸と呼ばれ海ぎわで運が良ければ翡翠を拾えることもあります。山の麓には縄文時代に翡翠を加工した遺跡があります。
                  
4月20日の散歩でした。

八甲田山 [登山記録]

                        小野寺邦夫
046.JPG

恒例の春の八甲田山。
今年の八甲田山は雪が多く、黄砂も無く白い雪がきれいでした。
当然ながら、山全体が真っ白。
それでも木々には春が進み、水が回っています。
青森トドマツには、昔落ちたので近づかず。
それでも、這松の上に乗ると落ちます。
夏道を外れても、まっすぐ。
何とか頂上に登ることができました。

051.JPG

春の低山徘徊・南保富士(728m) [登山記録]

春の低山徘徊・南保富士(728m)
                        木本桂春

 今年になって標高1000mを越える山には登っていません。天気も良いので今日も午前の散歩に出かけます。
 取付の付近は雪が殆どありません。300m程上からは残雪が出てきます。今日の雪はクラストしてカチカチです。グイグイと長靴が鳴ります。

グラフィックス1.png
500m付近からの黒部奥山の山並みです。

グラフィックス2.png       
頂上からの展望です。北に大鷲山(馬場山)と青い日本海が見えます。

グラフィックス3.png       
東には真っ白な初雪山と手前は大地(おおち)です。大地は山名です。
        
グラフィックス4.png
少し南に目を向けると、木々の横から白馬岳の裾と白馬旭岳です。
        
グラフィックス5.png
南面の黒部奥山には剱岳から毛勝山が見えてきます。
        
グラフィックス6.png
さらに西に目を転じます。毛勝山、駒ヶ岳、北駒ヶ岳、僧ヶ岳です。
中央の北駒から黒部峡谷に落ち込む尾根に駒の雪形があらわれますが、今年はまだ出ていません。

グラフィックス7.png
そして西面の眼下には黒部川扇状地と青い富山湾が広がります。
右下から左へ走るのが北陸新幹線です、右が東京方面、左、金沢方面です。所要時間2時間28分。
ちなみに江戸時代の加賀―江戸間の大名が参勤交代に要した日数は平均12.5日(300時間)でした。
          
グラフィックス8.png
帰りに道際で見つけた花一輪、ショウジョウバカマです。
4月2日午前の散歩でした。