So-net無料ブログ作成
検索選択

瑞牆山登山 [登山記録]

谷 和代

 入梅中の6月18日、企画委員会2017年第2回行事となる瑞牆山登山が行われた。田中、谷、伊達、原田の4人は韮崎駅から8時50分の瑞牆山荘行きバスに乗車し、瑞牆山荘へ。そこで車の石橋夫妻と合流。
 10時10分登山口(1520m)を出発、樹林帯をゆっくり登る。予定より少し早く富士見平小屋到着。
 小休止の後、折角、登ったのに沢に向かって下る。アズマシャクナゲにトウゴクミツバツツジが綺麗だ。山頂方面はガスっているが、桃岩を左に見て、シャクナゲの咲く道を徐々に登り、梯子やクサリの岩場を通過して山頂に着く。
 時折、雲が切れ周辺が見えるが、金峰山方面や信濃川上方面は展望なし、
 ゆっくり昼食。名残惜しいが山頂を後にして下山。富士見平小屋の水場で冷たい水をお土産に瑞牆山荘に下る。石橋夫妻の車で増冨の湯で入浴。
 余裕で韮崎に着き。お二人と別れてそれぞれ帰宅の途に就いた。
 入梅中で天気が心配でしたが、関東の雨のニュースの中、雨にもあわず、楽しい山行でした。
 出会った花々を紹介します。

IMG_1195アズマシャクナゲ.JPG
アズマシャクナゲ

キバナノコマノツメ.JPG
キバナノコマノツメ

ギンラン.JPG
ギンラン

クリンソウ.JPG
クリンソウ

ツマトリソウ.JPG
ツマトリソウ

トウゴクミツバツツジ.JPG
トウゴクミツバツツジ

ベニバナヒメイワカガミ.JPG
ベニバナヒメイワカガミ

レンゲツツジ.JPG
レンゲツツジ


コメント(1)  トラックバック(0) 

コメント 1

駒草書林

瑞牆山がこんなに花の山とは、この季節に行ったことのない私は知りませんでした。
by 駒草書林 (2017-06-23 00:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0