So-net無料ブログ作成
検索選択

春の駒の頭 [登山記録]

春の駒の頭
                        木本桂春

 3月24日に魚沼川の支流佐梨川の芋川沢源流の山・駒の頭(標高680m)へ向かいました。車で小滝沢出会いまで入ります。雪はこの辺りで3m以上あります。夜の入り口は小雨、25日朝方、小雪。

グラフィックス1.png         
 標高差450m、距離3km、これなら老残でも行けると判断。左の沢からブロック雪崩の斜面を、カンジキを付け尾根右上へ、登ると四方が見えます。

グラフィックス2.png
 狭い雪尾根を登っていきます、両サイドの谷の斜面はブロック雪崩が多く、不安定で、豪雪の越後の重みを感じます。

グラフィックス3.png
 400m位から雪も安定します。前方に駒の頭が見えてきました。

グラフィックス4.png        
 450mの雪尾根の崩壊部分です。雪の中に岩が出ている部分もあります。

グラフィックス5.png
 500m付近から見た頂上です。雪が多くなり、厳しいラッセルです。
 新雪が吹き溜まりでは40cmを越えます。頑張って頂上手前のピークの間に立ちます。細い雪尾根が頂上に続きます。上まで40mザイル・2ピッチ位です。

グラフィックス6.png        
 ところが尾根の取付で、新雪に隠された雪の割れ目に落ちてしまいました。幸い右手が出て、ザックが引っ掛かり、下には落ち込みませんでしたが、足元は宙に浮いています。ザックにピッケルが付いていたのでそれを使い、前方に打ち込み何とか雪下の灌木を引きずり出して、ヤット脱出しました。この間30分、疲労困憊。座り込み休養。この後やばそうな雪尾根にピッケルを打ち込み、頂上に立ちます。

グラフィックス7.png        
 頂上、左方向には駒の頭と尾根つづきの笹倉山、その左に越後駒ヶ岳。目で見えたのですがカメラはいうことを聞いてくれません。

グラフィックス9.png        
 右にはこれも尾根つづきのトヤの頭です。(指が入ってしまいました)。

グラフィックス8.png  
 頂上からバックステップで雪を蹴り込み、落ち込み過所まで降り、再び、カンジキを付け下山です。今度は雪が腐り始めて、新雪は表層雪崩のように足元をすくい、簡単に下らせてくれません。最後のブロック雪崩の斜面は200m程をシリセードでやっと林道着。
 久々に骨のある駒に登らせてもらいました。
 反省:やはり相棒がいりますね、そうすれば、穴からの脱出も楽勝だったと思いました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

駒草書林

雪穴から脱出できてよかったですね。クロカンで木の根元の穴にはまった時のもがきを思い出しました。一人だと焦りますよね。お歳を考えて、どうぞ無理なさらないよう。
by 駒草書林 (2017-03-30 22:25) 

梅林ガール

相変わらず、元気な木本さんですねー!
割れ目にも落ちたりと単独登山は要注意では! 気を付けてほしいですねー
by 梅林ガール (2017-04-01 21:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: