So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今年の酉の山・御鷹山 [登山報告]

木本桂春

 酉の年・最後の鳥の山は富山県の岐阜県境に近い御鷹山に行くことにしました。平野部には雪がありませんが、山間部の林道は40cm位の雪があり途中に車を置き、車の轍の道を1.5km長靴で歩きます。
グラフィックス1.png
 林道の2つ目の分岐標識です、御鷹山まで2.6km。車の轍を歩きます。

グラフィックス2.png          
 途中から見える。毛勝三山(左から毛勝山・釜谷山・猫又山)

グラフィックス3.png          
 剱岳と右の白い山が大日岳
          
グラフィックス4.png
 薬師岳

 3つ目の分岐から壺足ラッセルで進むと、林道を熊の足跡が爪痕を残し横断しています。冬眠前の熊が朝歩いたのでしょう。途中から杉林の尾根を登ります。
グラフィックス5.png

杉林を抜け、股までの雪をかき分け登る。

グラフィックス6.png
頂上の木立です。もうしばらくで雪布団の中に眠るでしょう。

グラフィックス7.png
頂上の北方向に越中駒ヶ岳です。

今年も駒と鳥の山はよく遊んでもらいました。ありがとう。
12月10日の山行でした。
そして「昨日今日とやりたい放題冬ざるる」です。
コメント(1) 

日本平山(山ノ神、駒の神経由)敗退記 [登山報告]

木本桂春

 12月3日、富山より230km離れた新潟県阿賀野川の支流早出川の源流にある日本平山へ向かう。頂上は勿論だが、途中に山ノ神、駒ノ神の地名があるのも魅力だ。特に駒ノ神は今年3つ目のピークハントに心躍る。

グラフィックス1.png
「入山禁止」の表示
 7時、早出川ダム右岸を歩き出すが、いきなり写真のような「入山禁止」の表示に出くわす。五泉市のホームページには何も書いてない。とにかくダムの右岸を歩く。

グラフィックス2.png
単管の橋  
 人の踏み跡もなく、道が荒れている。
      
グラフィックス3.png
山ノ神
 最初の沢を渡り、崖道を歩くが崩壊があり、注意して、山ノ神に至る。

グラフィックス4.png      
 これから、道はダムサイトの懸崖を行くが、時々崩壊し足をとられそうで、足もすくむ処あり。

グラフィックス5.png
金ヶ谷      
 黒部渓谷下廊下の通過とは言わないが、80m程の落ち込みの所も随所にあり、神経を使う。金ヶ谷横断、鉄鎖やロープが土砂で埋まっている。

 右崖上に登ると駒ノ神は約100m上部で近いはずなのだが、道は崩壊した懸崖で早出川上流に続き、45分程で川底近くになり、ルート違いに気が付き戻る。

グラフィックス6.png
 地図を読み、この辺りと検討つけ3回登ってみたがとうとう駒ノ神、日本平山への道が探せず、崖山を見上げて敗退。

 帰りは脆弱な道にも慣れあっさり下山。課題を残して、230kmをくやしさ噛みしめ、帰った。

 電話で市役所へ問い合わせると、今夏の豪雨で道が崩壊し入山禁止とのこと。調査不足で惨敗です。

  
コメント(0) 

『駒ヶ岳30座ハンドブック』発刊!  [会員連絡]

『駒ヶ岳30座ハンドブック』発刊
本書は、全国の駒ヶ岳につきまして国土地理院の地形図2葉を付し、
1山4ページでコンパクトに紹介したものです。

●地形図=狭域図/広域図 
●基本データ=標高/位置/所在地/山域/地史・地質 
●解説=概要/由来/伝承/エピソード等
128ページ/カラー
頒価:1200円(郵送料180円)
問合せ先:駒ヶ岳ファンクラブ
246-0015 横浜市瀬谷区本郷4-1-8 田口計介 方

駒ヶ岳ハンドブック_表紙blog.jpg

『駒ヶ岳30座ハンドブック』
はじめに(田口計介)より

 1989 年8 月、全国各地の駒ヶ岳15 山の山麓にある
23 市町村が長野県駒ヶ根市に集合して、駒ヶ岳友好連
峰会議を結成しました。駒ヶ岳友好連峰会議は「駒ヶ
岳山麓の市町村が山岳の自然保護と資源の活用の調和
を考え合い、駒ヶ岳を地域活性化の一つのテーマとし
ていく」ための会議でした。
 駒ヶ岳ファンクラブは、1989 年秋、20 名余りの有
志により駒ヶ岳友好連峰会議のサポーターとして発足
しました。
 駒ヶ岳友好連峰会議発足時の駒ヶ岳は15 山でした
が、すぐに若狭駒ヶ岳が追加され16 山に、さらに国
土地理院の2 万5 千分の一地形図記載の赤城駒ヶ岳、
下駒ヶ岳の2 山も加わった18 山が地形図上の駒ヶ岳
となりました。駒ヶ岳の位置ですが、北は北海道駒ヶ
岳、南は箱根駒ヶ岳、西は若狭駒ヶ岳であり、なぜか
東日本のみに分布しています。
 「日本各地の駒ヶ岳の豊かな自然を愛し、駒ヶ岳山
麓の人々と交流し、その山麓の文化に親しむ」という
駒ヶ岳憲章をかかげる駒ヶ岳ファンクラブは、駒ヶ岳
の登山は勿論、文化活動も行っています。その活動の
一環として、文献、古絵図を渉猟して12 の駒ヶ岳を
発掘しました、従って本書で紹介しているように駒ヶ
岳の総数を30 山としました。
(以下略)
コメント(0) 

甲斐駒の麓より 2017-12-02 [山麓便り]

平井英明

先週末からインフルエンザでダウン。一昨日からやっと通常生活に戻れました。
皆さん、流行期に入ってきました。気を付けてください。
12月に入ってしまいましたが11月23日の甲府盆地の甲斐駒から紹介します。

荒れる甲斐駒.jpg
荒れる甲斐駒

雲間の甲斐駒.jpg
雲間の甲斐駒
雨が降るか否かの不安定な天候の中、逆に幻想的な甲斐駒が現れました。

雲間の南アルプス(釈迦堂PAより).jpg
雲間の南アルプス(釈迦堂PAより)
甲斐駒から白根三山などが眺望できました。

甲斐駒定点.jpg
甲斐駒定点
今日12月2日は穏やかな日となりました。

コメント(2) 

冬の入り口・戸倉山 [登山報告]

木本桂春

今年は雪が早く、平野部の車はスノータイヤで走行です。
山も雪が早く、500mを越える山登りはそれなりの覚悟がいります。
車で1時間半、糸魚川駒ヶ岳周辺の戸倉山へ、雪が降るとこの山へ向かいます。
雪を心してかんじきを持ちましたがスノーシュで歩いた跡があり、それを伝います。
           
グラフィックス1.png
白池
湖面の半分は雪で覆われ雨飾山を浮かべています。
雪は40cm以上あります。

グラフィックス2.png
雨飾山         
角間池上の山毛欅林から望む雨飾山です。

戸倉山頂上は快晴無風です。毎年同じ山景です。
グラフィックス3.png          
西北に姫川河口から日本海。

グラフィックス4.png          
左から駒ヶ岳、鬼ヶ面山、鋸岳。

グラフィックス5.png          
左から焼山と雨飾山。

グラフィックス6.png
左から乙妻山、その右に戸隠山が小さく、右の大きな台形の山は大渚山。

グラフィックス7.png          
南天に左奥、上駒ヶ岳(白馬岳)、白馬旭岳、鉢ヶ岳、雪倉岳。

グラフィックス8.png          
西方向、左の白い山が来年の干支の山・犬ヶ岳、右端に下駒ヶ岳。
           
グラフィックス9.png
駒ヶ岳の根知谷側の南西壁に見える白い馬です。
根知の大久保に80年近く住む山本さんは駒ヶ岳の名はこの馬が由来だと言っております。

11月28日の山行でした。

コメント(2) 

望年会スナップ3 [会員連絡]

北村健治

2017年11月18日 KFC望年会にて
DSC00838.jpg
(クリックしてワイド画面でどうぞ!)
コメント(0) 

駒ヶ根だより 2017-11-23 [山麓便り]

北村健治

11月18日
深夜、望年会より退散移動し、駒ヶ根山家に到着する。

19日
終日、西山は雪荒れになる。低温で冷たい北風。駒ヶ根滞在。

DSC00843編.JPG
5時ころ、駒ヶ根山家より、中ア宝剣岳を望む。

DSC00844編.JPG
11時ころ、にわかに西山は雲に覆われる。

20日
4時30分始動、雪のような真白な霜が降りている。
06:10杖突峠・分杭平、身支度をして歩き始め、7時に守屋山東峰に登山。

DSC00848編.JPG
守屋山東峰より中アを遠望。手前は西峰までの北斜面は霧氷。

DSC00857編.JPG
守屋山東峰より、八ヶ岳南麓スロープの向うに関東山地・奥多摩・郡内・丹沢方面を遠望。

7時30分には、分杭平に下山。
8時30分伊那市長谷公民館に出向き、「戸台の化石」資料室で作業。

21日
午前中は駒ヶ根山家で野良、午後伊那市長谷公民館に出向き、「戸台の化石」資料室で作業。夜半には青梅に帰宅。

DSC00923編.JPG
11時ころ、駒ヶ根山家より、新雪の中ア・宝剣岳を望む。

DSC00930編.JPG
14時ころ、駒ヶ根山家付近の中央道トンネルより、南アルプス北部(鋸・東駒・仙丈・北岳・間ノ岳)を覗く。
コメント(0) 

望年会スナップ2 [会員連絡]

湯川喜義

MyPhoto201711201454.jpg
リニア見学センター

MyPhoto201711201454 (1).jpg
太郎次郎の滝

MyPhoto201711201455.jpg
馬立山への道

MyPhoto201711201456.jpg
コウヤボウキ
コメント(1) 

望年会スナップ [会員連絡]

平井英明

11月18日
太郎次郎の滝.jpg
太郎次郎の滝

懇親会前の会議.jpg
懇親会前の会議

仲さん表彰.jpg
仲さん登山表彰

平井表彰.jpg
平井さん登山表彰

懇親会.jpg
懇親会2.jpg
吉田さん.jpg
懇親会

途中での富士山.jpg
19日は天気回復で富士山もばっちりです

馬立山集合写真.jpg
馬立山集合写真

おまけの猿橋.jpg
おまけの猿橋
コメント(1) 

甲州路の紅葉いろいろ [日々散策]

谷 和代

11月12日に山梨に行ってきました。天候に恵まれ綺麗な紅葉を見ることができました。

1IMG_1915.JPG
名勝猿橋
少し色づいていました。

IMG_1922.JPG
恵林寺の庭園
12日は武田信玄の月命日で普段は見せないお墓も公開されていました。

4IMG_1930.JPG
河口湖の紅葉回廊
たくさんの人でした。

3IMG_1933.JPG
同じく紅葉回廊

コメント(0) 
前の10件 | -